GLOBALG.A.P.が、東京2020年大会の最良実施基準として認められたことを謹んでご報告いたします。オリンピック・パラリンピックは世界最大と数えられるスポーツイベントで、その影響力は、日本はもとより世界全体に及びます。

持続可能性に配慮した東京2020大会運営計画は、持続可能性に配慮しながら東京2020大会を実現する方法を説明したもので、同大会に関係するもの全ての基盤となります。持続可能性に配慮した大会活動では、「持続可能性」の概念と発想を東京だけではなく、世界全体に広げ、人々に責任ある行動を呼びかけます。

環境問題に大きな重点を置いて、東京2020大会組織委員会は、同大会の成功に不可欠な製品およびサービスに対する持続可能性に配慮した調達コードを作成しました。

組織委員会は、JGAPまたはGLOBALG.A.P.認証スキームに従って認証された農畜産物を承認します。これらの農畜産物は、農作物および畜産物の持続可能性に配慮した調達基準で規定された条件を満たすものです。どちらの調達コードも、高い食品安全基準に従って生産された生産物であることを保証します。また、これらのコードは、日本の食品安全関連法規および規制に則ったものでもあり、労働者の安全を確保するための方策整備を義務づける条件も規定されています。

さらに、農作物については「周辺環境や生態系と調和のとれた農業生産活動を確保する」必要があります。持続可能性に配慮した畜産物の調達基準は、環境保全に配慮して、畜産物生産活動を行わなければならないと規定しています。家畜の飼養管理においては、「アニマルウェルフェアの考え方に対応した飼養管理指針に照らして」「快適性に配慮」する必要があります。

全てのGLOBALG.A.P.標準および付則で、厳しい基準が採用されています。これらは、農場における食の安全性、持続可能性、責任ある水管理、汚染防止、エネルギー効率、労働者の健康と安全、アニマルウェルフェア、環境に対する責任を保証します。また、これらの条件は、国連の持続可能な開発目標 17の目標のうち7項目にも則っています。

GLOBALG.A.P.加工・流通過程の管理標準は、いかなる生産物であっても、GLOBALG.A.P.ラベルが貼付されている、またはGLOBALG.A.P.認証製品として販売されていれば、それらがGLOBALG.A.P.認証農場から調達されたものであることを保証します。GLOBALG.A.P. Bookmarkingは、バイヤーおよび小売業者用のトレーサビリティツールです。このツールにより、バイヤーや小売業者はGLOBALG.A.P.認証商品を調達しやすくなります。また、バイヤーは商品の認証ステータスを記録・追跡しやすくなります。

組織委員会は、オリンピックの招致段階から、大会終了3年後までの12年間にわたって、東京2020大会の実施がもたらした変化を調査、分析、記録する研究パートナーを任命しました。環境、社会文化、および経済分野に対する影響がもたらす結果は、大会組織委員会および将来の大会にとって、重要な参考資料となります。

GLOBALG.A.P.はその一員となれたことを誇りに思います。

持続可能性に配慮した東京2020大会運営計画については、こちらをご覧ください。

GLOBALG.A.P.認証がビジネスの成長にどのように寄与するかについてはwww.globalgap.orgをご覧ください。